ぶる~と通信Vol.124 鼻づまりがひどいです | 名古屋の整体院 庄内のぶる~と整体院・整骨院・鍼灸院 | 名古屋市西区の整体院・整骨院・鍼灸院

ぶる~と通信Vol.124 鼻づまりがひどいです

カテゴリー:

明生人嘉

▼こんにちは、ぶる~とのキックボクシング元世界4階級王者佐藤嘉洋です。毎月変なコラムを皆さまにお届けしています。

▼今月は私の人生で一番ひどくなっている花粉症について。5月もひどいです。花粉症の薬はアレルギー反応を抑えるためにあります。つまり、「花粉の侵入を防がなきゃ!」という身体の防御反応を抑えるということ。となると、薬を飲み続ければ、身体は防御反応をさらに強くしようとし、鼻づまりや鼻水をよりひどくしてしまうのではないか、と考察しました。

▼ある程度のアレルギー反応は仕方ないと諦め、薬に頼らない方法を試行錯誤しております。その中のヒントとして『運動』があります。運動によって血液の循環が良くなったせいで、粘膜がさらに充血し鼻づまりがひどくなりそうだと想像できます。しかし、運動すれば鼻の通りが良くなります。なぜか。それは、身体が花粉への防御反応よりも、生命の維持を選択したからです。鼻が詰まっていても、無理やり口をつむって鼻呼吸を心がけたら鼻は通ります。鼻づまりで窒息死した人を、私は知りません。 

▼来年は薬を飲まずに精神統一で花粉症と付き合ってみようかな。ちなみに、ぶる~とは花粉症にも効果のある東洋医学の「はり治療」も行なっております。お気軽にお申し付けください。

整体院で何ができるの?教えて院長!!

はい、お答えします!

ぶる〜とは整体院としても業務拡大しました。

施術スタッフ全員が鍼灸師・あんまマッサージ師の免許を保持しており、リラクゼーションのためだけではなく、段違いの効果を期待できます。

ぜひ、ぶる~と整体院のプロフェッショナルマッサージをご体感ください。

また、当院は鍼灸院としての登録も済んでおります。

適切なはり治療により自己治癒能力を向上させられます。

不調が現れてからご来院される方も多いですが、これからは予防のためにもマッサージや鍼(はり)を活用していく時代です。

『健康は自分で作る』という意識改革をしましょう。

私たちにそのお手伝いをさせてもらえませんか?

急性の怪我(ギックリ腰、寝違え、突き指、捻挫など)に関しても、これまでと変わらず整骨院として対応させていただきます。

皆さまにとって頼りになる存在でありたいと願っております。お気軽にご予約ください!!

#辞書の旅

人生意気に感ず《出》魏徴(ぎちょう)ー詩…

人間は相手の心意気に感激して行動するもので、名誉や金銭などのためにするのではないということ。

《補説》詩の題名は『述懐』。

「人生意気に感ず、功名誰(たれ)か復(また)論ぜん(功名のことなど、だれが問題にするものか)」と続き、自分を厚遇してくれた皇帝のために敵地に乗りこもうという強い意志と悲壮な気持ちを述べている。

【考察】これは素晴らしい!

辞書を読みながら、また涙してしまった。

新明解国語辞典の『勇気』の解釈以来である!

『#辞書の旅』最高!

ーーーーーーーーーーーー

私佐藤嘉洋は新明解国語辞典を完全読破しました。今は明鏡国語辞典を1日1Pずつ読み始めています。これを『#辞書の旅』と題してSNSで自分の解釈・感想・考察を加えて連載中。ぶる~と通信でも、印象的だった言葉をピックアップしてお届けします。楽しんでいただけたら幸いです。


近況報告

4月に娘が幼稚園へ入園しました。

息子の入園が2013年でしたから、左の写真から早5年が経過しているのですね。

とても感慨深く感じます。光陰矢の如しであります。

人はいつか必ず死にますが、自分だけはひょっとしたら生き残れるのではないか、という淡い期待を持っている人も多いことでしょう。

しかしながら、99.99…9%裏切られます。

私も同様にいつか死にます。

毎日毎日、死に向かっております。

その気持ちをしっかりと抱きしめて生きていると、今日はなんて奇跡的で素晴らしい1日だったのだろう、と感謝できます。

なるべく笑顔多く生きていたい。

こんな記事も読まれています
アーカイブ