僧帽筋(肩から背中)について | ぶる〜と整骨院 | 名古屋市西区の整骨院

僧帽筋(肩から背中)について


image1

背中の1番表面にある筋肉で厚みはありませんが、幅は広く、肩をおおうように付着しています。

この筋肉は上・中・下に分かれており、上部線維は肩をすくめる時、
中部線維は肩甲骨を内側に寄せる時、
下部線維は肩を引き下げる時に働き、
腕を側方から上げる時は、上部と下部が同時に働いています。

これらの動作に不調がある場合には、この筋肉に対しての治療が有効です。

僧帽筋への施術

    アーカイブ