ぶる~と通信Vol.96 ガチャピン顔について深く考えた | 名古屋の整体院 庄内のぶる~と整体院・整骨院・鍼灸院 | 名古屋市西区の整体院・整骨院・鍼灸院

ぶる~と通信Vol.96 ガチャピン顔について深く考えた

カテゴリー:

brht96

ぶる~と通信Vol.96を公開します。
楽しんでいただけたら幸いです。
本年もぶる~と整骨院は、みなさまの心の拠り所となるように
スタッフ一同、精進します。
「困ったときのぶる~と」を合言葉に、よろしくお願いいたします。


明生人嘉(佐藤嘉洋http://1001kick.comコラム)

▼佐藤嘉洋の世界一好きな顔、川村ゆきえさんとのトークショーが行われた ぶる~と整骨院経営者の佐藤嘉洋です。

▼どうも、ぶる~とをご愛用のみなさん、あけましておめでとうございます。お正月はどのようにお過ごしでしょうか。コタツで固まりすぎて、ギックリ腰や寝違えを起こしてませんか?5日から営業しておりますので、お気軽にお越しください。

▼上記の写真をご覧になってくれたでしょうか。はい、ガチャピン顔の女王川村ゆきえです。私は、12月に『ガチャピン顔について』という講演を1時間行ったほどのガチャピン顔好きです。ちなみにガチャピン顔という言葉を作ったのは、何を隠そう私です。みうらじゅんの『マイブーム』と同じです。

▼ガチャピン顔については拙著『1001のローキック』にも書かれていますので、正月明けの暇な時間にぜひ読んでみてくださいね。当院ではサイン本を販売中です。


顎関節症(小俣先生コラム・http://brht.jp/seikotsuin/staff/

診断基準として①顎関節や顎の筋に痛み②関節雑音③開口障害の3主要症状のうち少なくとも1つある場合です。

その病態は1~5型に分類されます。

1型:噛み合わせの問題や、歯ぎしり・噛みしめなどが原因で、顎の筋に痛みはあるが顎関節の痛みや変形はみられません。手技療法や鎮痛剤・筋弛緩剤の投与を行い、効果がない場合はマウスピースを使用します。

2型:関節包・靭帯の障害で、関節包は文字通り関節を包んでおり関節の摩擦を軽減し、靭帯は関節の可動域を制限する働きをしています。顎の強打、過度の開口、硬いものを無理に噛むなどが原因で、顎関節の圧痛や運動痛はあるが関節雑音はみられない、開口障害はあるが強制的な開口は可能(3型は不可能)です。非ステロイド性抗炎症剤の投与とともに安静にしマウスピースも使用します。

3型:顎関節症の主体をなす病変で、関節円板の前方転位や変性などがみられ、関節円板は関節間のクッションの役割をします。この型は3a型と3b型があり、3a型は開閉口時に関節雑音を生じ、3b型は3a型が進行したもので開口障害を生じ関節雑音を生じない。マウスピースを使用し、効果がない場合は手術を行います。

4型:変形性顎関節症

2型・3型の合併するものもあり、関節雑音や開口障害の増強などもみられ、症状は一定しません。レントゲンでは骨の肥厚・硬化・変形がみられます。根治的治療とはならないが、薬物療法・マウスピースの使用や手技療法を行い、手術を行う場合もあります。

5型:心理的要因が主体で、心理面からの治療が必要で、抗不安薬の投与で改善すれば5型の疑いがあります。

 

川村ゆきえさんとトークショーをやりました!!

ぶる~と通信Vol.96 ガチャピン顔について深く考えた-交通事故なら名古屋の接骨院 庄内のぶる~と整骨院/ぶる~と通信Vol.96 ガチャピン顔について深く考えたのイメージ

川村ゆきえさんと人生2度目のトークショーが行われました。
30分間ずっと川村さんの素晴らしさを語ったという佐藤。
まだまだ語り足りない様子でした。


あなたは有我式骨盤矯正を

試したことがありますか?

バキっとやらない有我院長オリジナル施術法です。

1回1080円ですが、これだけ安く、なおかつ短時間で効果の出る驚きの施術は他にはない、と経営者の私は自負しております。実際に私も、現役時代に腰が辛いときには、有我式骨盤矯正をいつも受けていました。繊細な動きをする人ほど効果を実感できるかと思います。また、産前産後の腰痛にも効果抜群です。ぜひお試しください!

 

辞書の旅

ぶる~と通信Vol.96 ガチャピン顔について深く考えた-交通事故なら名古屋の接骨院 庄内のぶる~と整骨院/ぶる~と通信Vol.96 ガチャピン顔について深く考えたのイメージ

「全然…〔否定表現と呼応して〕あらゆる点から見て、その否定的な状態が認められる意を表わす。〔古くからあった否定表現を伴わず、『非常に』の意を表わす用法も最近は多くなった。例、『全然おもしろい』〕」


ぶる〜と整骨院経営者の佐藤嘉洋です。

私は毎日1ページずつ辞書を読んでいます。『辞書の旅』と題してTwitter上で毎日連載しています。このぶる〜と通信でも、印象的だった言葉を毎月ピックアップしてお届けします。楽しんでいただけたら幸いです。

 

時代の流れによって変容していく言葉にも対応する辞書、素敵ですね。

こんな記事も読まれています
アーカイブ