腸脛靭帯炎(ランナー膝) | 名古屋の整体院 庄内のぶる~と整体院・整骨院・鍼灸院 | 名古屋市西区の整体院・整骨院・鍼灸院

腸脛靭帯炎(ランナー膝)


tiryo.net

画像参照元tiryo.net

ランニングなど、膝関節の屈伸を繰り返し動作することにより発症します。

走り始めでなく距離の増加とともに出現する痛みで、膝関節屈伸時に膝の外側に刺すような痛みが出ます。

大腿骨下端外側部の腸脛靭帯に圧痛、軽度の腫れ、屈伸に伴う雑音が認められます。

急性期にはランニングを中止し局所の安静を図ります。
慢性期のランニング開始時は歩幅の広いストライド走法を避け、なるべく歩幅の狭いピッチ走法で行いましょう。
また、坂道を避け、芝や土などの弾力のある走路を選ぶとよいです。

練習後のアイシングを徹底し、ストレッチやマッサージで局所の緊張を取るとよいです。

また、明らかなO脚などがある場合には、足裏の外側に足底板の装着を考える必要もあります。

このようなスポーツ障害でお悩みの方、ぶる~と整骨院にご相談ください!

    アーカイブ