テニス肘 | 名古屋の整体院 庄内のぶる~と整体院・整骨院・鍼灸院 | 名古屋市西区の整体院・整骨院・鍼灸院

テニス肘



画像参照元www.joa.or.jp

テニス肘は発生頻度が高く、バックハンドストロークで正確にボールを捉えることのできないときに受ける衝撃によって、筋の変性や微小断裂、炎症が発生します。
症状としては、手のひらを下に向けるかたちで物を持ち上げたり、タオルを絞る動作などで痛みが出ます。

治療法としては、手の使用を最小限とし、局所の安静のための固定により、数ヵ月で症状の改善がみられます。
痛みが軽減すれば、ストレッチ、筋力強化訓練を行い、技術の習得、ラケットの変更などで再発防止に努めることをオススメします。

このようなスポーツ障害に悩まされている方はぜひご相談ください。
ぶる~と整骨院は親身に対応させていただきます。

    アーカイブ