ド・ケルバン病(腱鞘炎) | ぶる〜と整骨院 | 名古屋市西区の整骨院

ド・ケルバン病(腱鞘炎)


腱鞘炎

親指の付け根の方の手首の背側に痛みや腫れが生じる腱鞘炎のことをいいます。
手の使用頻度の高い女性に多いです。
フィンケルスタインテストという検査法があり、親指を他の4指で覆うように握った状態で、手首を小指側に曲げると痛みが発生する場合に陽性とします。
治療法としては、親指から手首まで固定し、1~2週間安静とし、熱感がある場合は冷やします。
症状の強い場合は消炎鎮痛薬の内服やステロイド注射、場合によっては、手術となります。

腱鞘炎2

少し見にくいですが、写真内の×印のところが、腱鞘炎の痛みを誘発している部位になります。
ひどくなる前に一度、ぶる~とに診せに来てくださいね。

    アーカイブ