ぶる~と通信Vol.105 生きていても何の意味もない | ぶる〜と整骨院 | 名古屋市西区の整骨院

ぶる~と通信Vol.105 生きていても何の意味もない

カテゴリー:

brht105

明生人嘉

▼こんにちは、ぶる~と整骨院を経営しているキックボクシング世界4階級王者だった佐藤嘉洋です。ぶる~と近隣の方々に毎月情報をお届けしています。

▼私は、いい加減な食事をしないと決めています。今日食べたご飯は、この先一生食べることのできないご飯。しっかりと味わって、有り難くいただかなくては。現役時代、過酷な減量に耐え続けました。大変身に染みております。

▼この一秒、一分、一時間、一日、一週間、一カ月、一年は、自分の一生で、二度と、そう、二度とは戻ってはこない奇跡の瞬間です。ここ数年、私は死と向き合い、人生の幕を降ろすときに感じるであろう想いを、常日頃考えています。

▼死んだらどうせ、私自身は何もなくなります。輪廻転生や生まれ変わりは100%に近い確率で信じておりません。私自身が生きられるのは、今、ここに生きている自分しかいないと感じます。死んだら、宇宙のおびただしい量の物質の一つとしての存在を許されるだけです。

▼がんばっても何の意味もない。成功しても何の意味もない。しかし!何の意味もない、と理解した上で、がんばり、努力し、工夫し、続けることは、とても尊いことです。どうせ死ぬのだから、楽しんだもの勝ちなのであります。ああ、健康に明るく、長生きしたいものです。

オマタ’s EYE 菱形筋(りょうけいきん)

肩甲骨と背骨の間に位置し、僧帽筋に覆われています。
明確な境界はありませんが大菱形筋と小菱形筋に分類されている薄い菱形の筋肉です。
胸を突き出すような動きや肩をすくめるときに働きます。

デスクワークなどで頭位前屈や猫背で、
菱形筋が伸張されることにより
血流不全が起きて痛みを引き起こすことが考えられます。
肩こりの改善に重要な筋肉です。

肩こりには、当院のはり治療やマッサージがオススメです。
お身体に不調はございませんか?
ぶる~とにお気軽にお越しください。
あなたのお力になれると思います。

接骨院で何ができるの?教えて院長!

IMG_0460はい、お答えします!

当整骨院では、一般的な接骨院業務として、基本的にはケガなど急性的な症状に対して保険治療が可能です。

骨折・脱臼の後療法、捻挫、打撲、挫傷などの治療はもちろん、交通事故の患者さんも多く来院されております。

最近では、小中学生をはじめ高校生の部活動などにおける各種スポーツ外傷・障害で来院される患者さまも多く、それぞれのスポーツ特性を理解した上で適切な施術、指導を行っております。

経営者の佐藤がトップアスリートだったこともあり、スポーツ外傷・障害に対する施術のノウハウは多く蓄積されております。
同時に、お子さんや親御さんの不安を取り除けるように尽力しております。

また、保険適用外の自由診療として、はり治療、有我式骨盤矯正、マッサージも行っております。
お身体の不調が現れる前に、定期的な メンテナンスを行うことも整骨院として奨励しております。

保険治療・保険外治療の適応は分かりやすく説明しておりますので、お気軽に来院して下さい。お待ちしております!

辞書の旅

目先の利益に目が眩みマース

リチャード

朝三暮四(ちょうさんぼし)…

目の前の利益にばかりこだわって結果が同じになるのを知らないこと。また、全体を見失うこと。〔昔中国で、サルにトチの実を朝に三つ暮に四つ与えると言ったら怒ったので、それでは朝四つ暮三つにしようと言ったら喜んだという故事に基づく。また、言葉の上でだけうまく話して、他人をごまかす意にも用いられる〕

【嘉洋流考察】

まずは大きな夢を遠くの方に描いておけば、目の前の一勝一敗に一喜一憂することも少なくなる。人間だからなかなか難しいけれども。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私佐藤嘉洋は2013年から新明解国語辞典を毎日1ページずつ「あ」から一字一句漏らさず読んでいます。これを『辞書の旅』と題してTwitter上で自分の解釈感想を加えて連載中。ぶる〜と通信でも、印象的だった言葉をピックアップしてお届けします。楽しんでいただけたら幸いです。

活動報告

IMG_0509

ホンマでっかTVで 有名な武田邦彦先生のご推薦で、東証一部上場会社の社員研修で特別講師として、講演を行ってきました。
パートナーはアイシン精機元会長の山内さま(真ん中)という恐れ多いメンツでした。
「勇気のカケラを集めよう」
「マイナスの感情はすべてプラスの感情に変えられる」
「夢は叶わない」
といった話が好評でした。
来年1月11日(水)には中日文化センターで武田先生と「スポーツと人生」について語り合います。

こんな記事も読まれています
アーカイブ